ハン・ヒョジュ×ユ・ヨンソク×チョン・ウヒ

愛を歌う花

2017.1月7日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかロードショー
イントロダクション
<歌と愛に生きた女たちの生涯を妓生を紡ぐ歌にのせて綴る、切なくも美しい叙事詩>1943年、大衆歌謡の黄金期にありつつ、悲運の時代。激動の流れとともに大衆歌謡が抑圧されていく時代背景の中で、“民衆の心を癒やす歌”を歌いたいと切に願う妓生たちの夢に対する欲望と情熱、そして同じ男性を愛してしまったが故に生まれる狂おしいほどの嫉妬を彼女たちが紡ぐ歌にのせて綴られる感情の旋律は圧巻!ラスト終盤、何とも言えない切なさが押し寄せ、美しい余韻が残る新たな傑作が誕生した。
<ハン・ヒョジュの“情歌”×チョン・ウヒの“歌謡曲”×ユ・ヨンソクの“ピアノ”豪華キャストがスクリーンを華やかに彩る!>映画『ビューティー・インサイド』をはじめ名実ともに“愛すべきヒロイン”としてファンから愛されてきたハン・ヒョジュが、清純味溢れる魅力から挑発的な女性の魅力まで、七変化する演技で観客を魅了する。「応答せよ1994」の若手演技派俳優ユ・ヨンソクは見事なピアノの腕前を披露し、音楽的才能をいかんなく発揮。また、『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』で世界的にその演技力を認められたチョン・ウヒは、愛らしい女性の姿から絶望の淵に立たされた女の凄絶な叫びまで、彼女にしかない魅力を発揮している。
ストーリー
時は1943年、京城唯一の妓生養成学校。ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユルと、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニは、作曲家ユヌから一目置かれ、同期の羨望を受けるかけがえのない親友同士だった。作曲家として最高峰の実力を誇るユヌは民衆の心を癒やす「朝鮮の心」という歌を作曲する矢先、ヨニの歌声にいつしか魅了されていく。ユヌの曲を自分のものにし、歌手になることを夢見るソユルは次第に嫉妬心が芽生え始め、3人それぞれの運命が狂い始めていく――。
キャスト&スタッフ
ハン・ヒョジュ/ソユル役
『ビューティー・インサイド』『ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士』『王になった男』など多様な作品を通じ、純情で可憐なイメージで男性ファンの心をつかみ、ロマンスクイーンの座を確固たるものにした女優ハン・ヒョジュは、『監視者たち』で、ずば抜けた観察力と記憶力、集中力の持ち主である監視専門家のハ・ユンジュ役を見事に演じ、第34回青龍映画賞 主演女優賞を受賞。その演技力は誰もが認めるものとなった。『愛を歌う花』を通じ、歌手を夢見る最後の妓生、ソユル役を演じたハン・ヒョジュは、純情さと挑発的な魅力を自由自在に操り、これまでのイメージを覆す強烈な演技が期待されている。

<主な出演作>
映画『ビューティー・インサイド』(15)、『セシボン』(15)、『監視者たち』(13)、『王になった男』(12)、『ただ君だけ』(11)
ドラマ「トンイ」(10)、「華麗なる遺産」(09)、「イルジメ【一枝梅】」(08)、「春のワルツ」(06)

ユ・ヨンソク/ユヌ役
映画『提報者~ES細胞捏造事件~』『私のオオカミ少年』『建築学概論』など、様々なジャンルの役をこなし演技力を磨いてきたユ・ヨンソクは、tvNドラマ「応答せよ1994」で大学野球のエースであるチルボン役で女性たちのハートを奪い、一躍スターダムにのし上がった。『愛を歌う花』で当代随一の作曲家ユヌ役を演じたユ・ヨンソクは、この作品を通じて大人の男の魅力だけでなく見事なピアノ演奏の腕前を披露した。さらに女性たちを魅了すること間違いなしだ。

<主な出演作>
映画『その日の雰囲気』(16)、『ビューティー・インサイド』(15)、『尚衣院-サンイウォン-』(14)、『私のオオカミ少年』(12)、 『建築学概論』(12)
ドラマ「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット」(15)、「応答せよ1994」(13)、「九家の書~千年に一度の恋~」(13)

チョン・ユヒ/ヨニ役
国内外の有数な映画祭で作品性を評価された映画『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』において、心に深い傷を負った女子高生役で印象的な演技を披露し世界的にその演技力を認められたチョン・ウヒは、第35回青龍映画賞 主演女優賞そして第34回韓国映画評論家賞 主演女優賞など数多くの演技賞を受賞。演技派のスターとして彗星のごとく姿を現した。その後『笛を吹く男』『明日へ』『優しい嘘』などの映画でも個性的な演技を披露し、注目を浴びたチョン・ウヒ。『愛を歌う花』では、人々の心に響く天性の歌声を持つヨニ役として新たな魅力を放っている。

<主な出演作>
映画『哭声/コクソン』(16)、『ビューティー・インサイド』(15)、『明日へ』(14)、『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』(14)、
  『優しい嘘』(14)、『サニー 永遠の仲間たち』(11)

監督:パク・フンシク

2001年『私にも妻がいたらいいのに』で第37回百想芸術大賞 新人監督賞を受賞し、華々しいデビューを飾ったパク・フンシク監督は2004年、“20歳の母が生きる世界に入り込んだ娘が母の初恋の手助けをする”というファンタジー映画『初恋のアルバム 人魚姫のいた島』で第41回百想芸術大賞 映画監督賞、そして第16回ゆうばり国際ファンタジー映画祭 ヤング・ファンタスティック・コンペティション部門 大賞を受賞し、その演出力が認められた。 その後、映画『愛してるマルスンさん』、ドラマ「マイ スウィート ソウル」などを通じてロマンス、ファンタジー、コメディー、時代劇などの多様なジャンルを手がけてきたパク・フンシク監督。その繊細な演出力でキャラクターの感情を引き出し、観客の心をつかむだろう。映画『愛を歌う花』では“人間の最も普遍的な欲望を描きたかった”というパク・フンシク監督。彼は“欲望の中でも特に嫉妬という感情に焦点を当てた。誰かの才能に対する嫉妬心が生じた時、人はその欲望を制することはできない。多くの人が共感するであろう欲望を表現しようと思った”と演出の意図を 明かした。1943年 悲運の時代、歌手を夢見た最後の妓生のビハインドストーリーに期待が高まる。


<作品歴>
『メモリーズ 追憶の剣』(15)、『天国の子供たち』(12)、『愛してるマルスンさん』(05)
『初恋のアルバム 人魚姫のいた島』(04)、『私にも妻がいたらいいのに』(01)

劇場情報
都道府県 劇場 公開日 前売券
東京 シネマート新宿 1/7
千葉 イオンシネマ幕張新都心 1/21~1/27 -
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋 1/7
大阪 シネマート心斎橋 1/7

▲TOP